3D計測 高速撮影 高解像度 近赤外 UV X線 遠赤外               さまざまイメージング機器でSDGsに貢献するアプロリンク

  • 株式会社アプロリンク / エリアカメラ ラインカメラ 画像ソフトウェアなど産業用画像機器のアプロリンク

株式会社アプロリンク

Optris 赤外線サーモメーター G5/G7シリーズ

ガラス表面の温度計測に最適

ガラス計測

CT-G5
◆ヘッドサイズ:M12
◆波長域:5.0um
◆温度範囲:L 100-1200℃ / H 250-1650℃
◆光学分解能:L 10:1 / H 20:1
◆応答速度:L 120ms / H 80ms
CTlaser-G5 / G7
◆ヘッドサイズ:M48
◆波長域:5.0um / 7.9um
◆温度範囲:(G5) L 100-1200℃ / H 250-1650℃
      HF 200-1450℃ / H1F 400-1650℃
      (G7) 100-1200℃
◆光学分解能:(G5)L45:1/H70:1/HF&H1F 45:1 (G7)45:1
◆応答速度:(G5)L120ms/H80ms/HF&H1F 10ms (G7)150ms

標準納期:別途相談

お見積もりはこちら

赤外線放射温度計オプトリスCTレーザーG5はガラスの温度測定に特化して設計され、容器ガラス、電球のバルブ製造、自動車用ガラス、太陽電池製造に最適です。特にコンパクトシリーズが医療技術産業に最適で、医療機器の製造メーカーや医師によって使用されています。ガラス製注射筒の製造、ガラス瓶の滅菌消毒、低温衝撃治療、研究室の温度モニターなど、さまざまな状況下で使用されます。この点を踏まえてオプトリスは、常に信頼できる医療分野での温度測定を提供する高性能の装置を製造しています。
- 使用例 -
ガラス瓶の滅菌消毒
医薬品で使用する無菌のガラス瓶を製造するために特定の温度での滅菌消毒が不可欠です。正確な温度を測定するパイロメーターを使用すると、最適な温度が確保されつつ、モニターできます。
 
カタログ(日本語)は下記からダウンロードいただけます。

 
赤外線に関する基礎知識や製品使用例などは下記からダウンロードいただけます。